プロミスで借りる!特徴や借り方、審査について分かりやすく解説

プロミス プロミス

プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスが提供する消費者金融カードローン。審査時間が最短30分、融資までの時間が最短1時間とお金を借りるまでが非常に早く、今日中にお金を借りたい人にもおすすめできます。

また、初めて利用する際は30日間の無利息期間も用意。借りてから30日以内に完済すれば、実質無利息での借入も可能となっています。

もちろん、30日以内に完済できなくても利息が減ることには変わりないため、損になることはありません。

プロミスの特徴

プロミスの詳細 借入限度額 1万円~500万円
金利(実質年率) 4.5%~17.8%
審査時間 最短30分
融資スピード 最短即日

最短1時間で融資も可能!急いでお金が必要なときにも便利

プロミスの最大の特徴は申込から実際に現金を手に入れるまでのスピード感です。一般的なカードローンの流れは「申込 ⇒ 審査 ⇒ 借入」という順番ですが、カードローンによっては審査に数日かかってしまうことも多く、急いでお金を借りたい人との相性は悪いです。

しかし、プロミスなら審査は最短30分で結果を教えてもらえ、平日の14時までに申込から契約まで終わらせれば最短1時間で融資も可能となっています。もし平日14時以降に契約が終わった場合でも、最短1時間ではありませんが即日で借りることも可能ですので、詳しくは「プロミスで即日融資でのお金の借り方(手順)」の項目をご参考ください。

審査や借入までのスピードが速い消費者金融カードローンの中でも、ここまでスピード感のある業者はなかなかいませんので、「どうしても今日中にお金を用意しないとヤバい…」という方はプロミスがおすすめですよ。

最高金利17.8%と30日間無利息サービスでムダな利息を減らせる

カードローンでお金を借りる場合、最初は最高金利で設定されるのが一般的。消費者金融カードローンの平均最高金利は18.0%ですが、プロミスの最高金利は17.8%と平均よりも0.2%低く設定されています。

利息にすると数十円~数百円程度の差ですが、返済期間が長くなるほど0.2%の差がボディーブローのようにじわじわと効いてきますので、「30万円以上借りたい」「完済までに1年以上かかりそう」という方はプロミスでの借り入れがおすすめです。

また、初めてプロミスを利用する場合は30日間無利息サービスも利用することができます。借入した日から30日間の利息を0円にしてもらえるサービスですので、こちらも無駄な利息を減らすのに役立ってくれます。

【30日間無利息サービスの利用条件】

  1. メールアドレス登録
  2. Web明細利用の登録

30日間無利息サービスを利用するための条件は難しくありませんので、どんどん利用していきましょう。メールアドレスは普段使っているものでOK。プロミスからのお知らせや増額の勧誘などが届くぐらいですので、登録しておいてもデメリットになることはありません。

Web明細利用はWeb上で明細を見られるサービスのことです。「明細は紙で見ないと忘れてしまう」という方もいるかもしれませんが、追加で借り入れたタイミングや返済に関する情報をすぐに知ることができますので、使ってみるとなかなか便利ですよ。

条件をクリアすればWeb完結での申し込みも可能!家族バレも防げて安心

プロミスには「Web完結」という申込方法があります。その名の通り、店舗への訪問や担当者による電話での審査結果連絡などが一切なく、全てをWeb上で終わらせることができます。

Web上で契約まで終わらせられるということはそれほどお金を借りるまでのスピードも早くなっており、家族や知人にお金を借りていることがバレるリスクも消すことができます

もちろんWeb完結にも利用条件があり、場合によっては利用できないこともあるのですが、お金を借りることって他人には知られたくないものですから、気になる方は利用してみてもいいでしょう。

関連記事:プロミスのWeb完結について

プロミスの審査について

年収などによる条件は特になし!大学生やフリーターでも申し込みは可能

プロミスの審査に年収はあまり関係ありません。アルバイト収入しかない大学生や専門学生、フリーターの方でも申し込みできます。申込条件は「年齢20~69歳の本人に安定した収入のある方」となっていますので、無職や主婦のように自身に収入のない方以外は申込む価値が十分にあります。

収入の少ない人が審査に合格しやすくなるポイントは借入限度額を低めに設定しておくこと。どれだけ多くても30万円を限度に10万円や5万円など、自分が本当に必要な最低限の限度額で申し込むことで、審査レベルを無駄に上げずに済みます。多額な借入を希望するほどプロミス側も慎重に審査を行います。

50万円未満の借り入れなら必要書類は運転免許証だけでOK

借入限度額を50万円未満で申し込みをすれば、運転免許証などの身分証明書だけで申し込むことができます。印鑑や保証人、担保は不要です。

【本人確認書類として認められるもの】

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証 + 住民票
  • 在留カードまたは特別永住者証明書(外国籍の方のみ)

運転免許証またはパスポートなら一点でOK

運転免許証またはパスポートを使う場合は、一つだけで必要書類として認められます。有効期限が切れている場合は認められませんので、必ず有効期限が過ぎていないかチェックしておきましょう。

提出方法は審査の時に担当者から「スマホで撮影してメールに添付して送ってください」と指示されますので簡単です。

運転免許証とパスポートがない場合は健康保険証と住民票のセットを提出

プロミスの必要書類
運転免許証とパスポートがない場合は健康保険証と住民票のセットを提出する必要があります。他のカードローンでもそうですが、顔写真の付いていない書類は2つセットにして提出しなければいけませんので覚えておきましょう。

外国籍の方は在留カードまたは特別永住者証明書をプラスで提出

外国籍の方は在留カードまたは特別永住者証明書を上記の必要書類と合わせて提出する必要があります。おそらくパスポートを持っているかと思いますので、「パスポート + 在留カード」または「パスポート + 特別永住者証明書」の組み合わせで用意しておくといいでしょう。

50万円以上の借り入れは収入証明書も必要

「50万円以上の借り入れを希望する場合」や「他社を含めた借入総額が100万円を超える場合」は、収入証明書(源泉徴収票または給与明細書など)が必要です。

【収入証明書として認められるもの】

  • 源泉徴収票(最新のもの)
  • 確定申告書(最新のもの)
  • 給与明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書)

※賞与がないお客さまは直近2ヶ月の給与明細書をご用意ください。

提出方法やタイミングは身分証明書と同じですので、こちらもあらかじめ用意しておくことでスムーズに審査を進めることができます。

プロミスで即日融資でのお金の借り方(手順)

プロミスで即日融資をしてもらう方法は『平日14時までの申し込み』と『平日14時以降または土日休日』の2パターンに分かれます。

平日14時までの申し込みの場合

【お金を借りるまでの手順】

  • ネットから申し込み
  • 担当者からの合否連絡(一次審査)
  • 在籍確認&必要書類の提出
  • 担当者からの合否連絡(二次審査)
  • 契約完了(平日14時以降ならそのまま振込みも可能)

1.ネットから申し込み

まずはパソコンやスマホ、携帯電話を使って公式サイトの申込ページから申し込みを行います。

プロミスの申込ページ

画面を進んでいくと入力項目が表示されるため、それを一つずつ入力しておきます。名前や住所、職業、年収、他社借入額などどれも答えやすいものばかりですので、特につまづいてしまうこともないかと思います。

ここで入力した情報は後ほど担当者から間違いがないか確認されます。年収などを偽ってしまうと虚偽申告と判定され、審査落ちしてしまいますので、必ず正しい情報を入力しておくようにしましょう。

また、「借入希望額」の欄はなるべく少ない数字を入力するのがおすすめ。少ないほど審査に通りやすくなります。

全ての入力が終わると1次審査がはじまり、早ければ最短30分でメールか電話で審査結果の連絡がきます。管理人の経験上、合格なら電話、不合格ならメールで審査結果の連絡が来ます。

2.担当者からの合否連絡(一次審査)&在籍確認&必要書類の提出

担当者からの電話で入力項目に間違いがないかを確認され、その後、本人確認書類の提出や職場への在籍確認が行われます。

本人確認の書類はスマホなどで撮影しメールに添付して送信したり、専用アプリで撮影するだけ。

また、人によっては「会社への在籍確認は困る」という方もいるかと思いますが、その場合はこのタイミングで担当者にその旨を伝えましょう。条件によっては電話以外の在籍確認が認められます。

3.担当者からの合否連絡(二次審査)&契約完了

在籍確認と必要書類の提出が終わると、再度担当者から電話連絡が入ります。「審査が完了したこと」「契約書類の郵送について」「今から口座に振り込みを行うか(平日14時を過ぎてなければ)」の3つを説明されます。

契約書類の郵送については、郵送日や郵送時間帯の指定ができます。本人にしか受け取れない郵便として郵送されてきますが、「同居人にバレたくない」というような方は自分が確実に受け取れる時間帯に指定するといいでしょう。

また、契約が終わったタイミングで平日14時を超えていなければ、そのまま口座にお金を振り込んでもらうことも可能です。プロミスは審査のスピードが速いですが、申し込みが殺到していると審査時間も長くなってしまいますので、今日中にお金を借りたい場合は遅くとも平日11時ぐらいには申し込みをスタートさせておきましょう

平日14時以降または土日休日の申し込みの場合

【お金を借りるまでの手順】

  • ネットから申し込み
  • 担当者からの合否連絡(一次審査)
  • 在籍確認&必要書類の提出
  • 担当者からの合否連絡(二次審査)
  • 最寄りの自動契約機へ行く
  • 契約&ローンカードを発行
  • 最寄りのATMからお金を引き出す

銀行は平日15時までしか営業していないため、平日14時以降や土日祝日の場合は二次審査終了後に自動契約機へ行く必要があります

自動契約機では画面上の指示に従って契約手続きを行い、ローンカードを発行します。上記の手順であれば二次審査まではネット上で完了しているため、5分~10分程度で手続きが完了します。

ローンカードを発行したら、最寄りのATMでローンカードを使ってお金を引き出すことができます。

基本的に自動契約機にはATMが併設されていますので、スムーズにお金を借りることが可能です。

自動契約機は全国にあり、ネットで検索すればすぐに見つけることができます。営業時間は9:00~22:00(一部21時もあります)ですので、深夜や早朝には借りられないことだけ注意しておきましょう。

プロミスのスペック

契約年齢 満20歳~満69歳
申込条件 満20歳~69歳で本人に安定した収入がある方(パート・アルバイトの方もOK)
使用用途 生計費 (ただし、個人事業主の方は事業費としても利用可能)
必要書類 運転免許証、パスポート、健康保険証+住民票のいずれか ※:外国籍の方は在留カードまたは特別永住者証明書も必要 ※:お借入総額により収入証明書類(源泉徴収票等)が必要 ※:個人事業主の方は確定申告書(写し)等が必要
担保 不要
保証人 不要
保証料 不要
借入限度額 1万円~500万円
実質年率 4.5%~17.8%
融資方法 口座振込、ATM(自社)、ATM(提携金融機関)、店舗窓口、ネットキャッシング、コンビニATM(※1)
返済方法 口座自動引落、口座振込、ATM(自社)、ATM(提携金融機関)、店舗窓口、コンビニATM(※1)
返済日 毎月一定日
社名 SMBCコンシューマーファイナンス株式会社
本社所在地 東京都中央区銀座四丁目12番15号
電話番号 03-3543-7100
URL https://cyber.promise.co.jp/Pcmain
設立 1962年
資本金 140,737,000千円
主要株主 株式会社三井住友フィナンシャルグループ 100%
事業内容 消費者金融業
登録番号 関東財務局長(12)第00615号
加盟団体 日本貸金業協会 (社)日本クレジット産業協会 日本消費者金融協会(JCFA) (社)日本経済団体連合会 ほか
個人信用情報機関 (株)日本信用情報機構 (株)シー・アイ・シー
お問い合わせ先 プロミスコール:0120-24-0365
※1:全国のセブン銀行、ローソン銀行のATMで利用可能
タイトルとURLをコピーしました