みずほ銀行カードローンの特徴や審査、借り方について分かりやすく解説

みずほ銀行カードローン みずほ銀行カードローン

みずほ銀行では個人がお金を借りられるカードローンが提供されています。消費者金融カードローンと比べて金利が低く、利用限度額も800万円と高めに設定されています。

また、みずほ銀行の口座を持っていればWEB完結申込も可能となっており、来店&郵送なしで24時間いつでも契約することができます。契約後は『みずほダイレクト(インターネットバンク)』で借入できますので、急いでお金を借りたい時も安心。

このページでは、みずほ銀行カードローンの特徴(メリット・デメリット)や審査、実際に借りる手順などを解説していきますので、ご利用を検討されている方はぜひ参考にしてみてください。

みずほ銀行カードローンの特徴

みずほ銀行カードローンの詳細 借入限度額 10万円~800万円
金利(実質年率) 年2.0%~14.0%(※1)
審査時間
融資スピード
※1:住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です

金利が年2.0%~14.0%だから利息が少ない

みずほ銀行カードローンの金利は年2.0%~14.0%。初めてお金を借りる場合は最高金利に設定されるのが一般的であるため、年14.0%で借りるケースが多いです。

消費者金融カードローンの最高金利の平均は18.0%、銀行カードローンの最高金利の平均は15.0%ですから、みずほ銀行カードローンの金利は低金利だと言えます。

金利が低くなるほど利息が少なくなりますので、ムダな出費を減らしながらお金を借りたい時にも最適です。

みずほ銀行の口座を持っていればWEB完結申込も可能

みずほ銀行の口座を持っていればWEB完結申込も可能です。WEB完結申込を利用すると来店や契約書などの郵送が不要となり、ネット上だけで契約を終わらせることができます。

対応時間も『24時間いつでも可能』となっているため、深夜や早朝も申し込めます。

契約後はインターネットバンクの『みずほダイレクト』を利用することで、スマホやパソコンからお金を借りることができます。対応時間は平日0時~15時に限られますが、急遽お金が必要になった時に、すぐその場で借入までできるのはありがたいです。

キャッシュカード一体型で家族にバレづらい

お金を借りる際に「他人にバレたくない」という方も多いかと思います。

一般的に他人にバレる可能性があるとすれば『ローンカード(お金を借りるたに必要なカード)を見られてしまう』『契約書が見つかってしまう』といったケースが考えられますが、みずほ銀行カードローンではキャッシュカード(預金口座からお金を引き出すカード)にカードローン機能を搭載させることができます

見た目は普通のキャッシュカードと同じであるため、仮に見つかったとしてもカードローンを利用していることは絶対にバレません。

消費者金融カードローンや他の銀行カードローンではローンカードの発行が必要なケースが多いため、この点はみずほ銀行カードローンの大きなメリットだと言えます。

みずほ銀行ATMなら手数料が無料

借入や返済でみずほ銀行ATMを使うと、時間外手数料や振り込み手数料などを無料にすることができます。一般的にATM手数料は100円~200円(税抜)/回でかかるため、ムダな出費を減らせる意味でメリットだと言えます。

みずほ銀行カードローンのデメリット

みずほ銀行の口座を持っていなければ、お金を借りるまでに時間がかかる

みずほ銀行カードローンを利用するためにはみずほ銀行の口座が必須です。持っていない場合は最初に口座開設から始まりますので、融資までにだいたい2週間はかかります。

今日中にお金を借りたい人にとっては非常に相性が悪いです。

もし即日融資も可能な銀行カードローンを利用したいのならイオン銀行カードローンがおすすめ。銀行口座開設が必要ありませんので、その分だけ早くお金を借りることができます。

また、プロミスアコムなどの消費者金融カードローンでは即日融資も可能です。金利はみずほ銀行カードローンよりも高くなってしまいますが、融資スピードでは消費者金融カードローンに強みがあります。

みずほ銀行カードローンの審査について

年収などによる条件は特になし!

みずほ銀行カードローンの申し込み条件は「20歳以上66歳未満の安定した収入のある方(※)です。「年収○○万円以上が必要」というような条件は一切ありません。

また収入に自信のない方は、借入希望額は低めに設定しておくことが審査通過のポイントとなります。

30万円を借りようとするとそれなりに審査も厳しくなりますので、なるべく10万円や20万円など低めに設定にしておきましょう。

※:みずほ銀行指定の保証会社であるオリコの保証を受けることができる方

無収入の専業主婦は借入不可

以前までは配偶者に収入があれば無収入の専業主婦でもみずほ銀行カードローンからの借入が可能でした。しかし、2017年6月にサービス内容が変更し、現在は申込不可となっています。

審査の必要書類で身分証明書として認められるもの

身分証明書として認められるものは以下の通り。

  • 運転免許証(※1)
  • 運転経歴証明書(※1)(※2)
  • パスポート(写真および住所のページ)
  • 各種健康保険証(被保険者および被扶養者のページ)
  • 印鑑証明書(※3)
  • 住民票(※3)
  • 住民基本台帳カード(※1)
  • 在留カード(※1)(※4)
  • 特別永住者証明書(※1)(※4)
※:本人確認書類は氏名、住所、および生年月日が記載されているものに限ります。
※:外国人の方は、永住許可を受けていることが確認できる書類をご提出いただきます。
※1:変更事項がある方については両面ともご用意ください。
※2:2012年3月31日以前の発行分は本人確認書類としてのお取り扱いはできません。
※3:発行後3ヵ月以内のものをご用意ください。
※4:外国人登録証明書は一定期間、在留カード、特別永住者証明書とみなされます。

収入証明書として認められるもの

収入証明書として認められるものは以下の通りです。

  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書または課税証明書(※1)
  • 納税証明書(※2)
※:個人事業主、会社経営者の方は※1または※2のいずれかに限ります。
提出のタイミングが身分証明書と同じですので、申し込みの前に準備をしておきましょう。

みずほ銀行カードローンの借り方(申込の流れ)

1.ネットから申し込み

まずはみずほ銀行カードローンの申込ページから申し込みを行います。申込の際は「生年月日」「年収」「職業」「他社からの借入額」など様々な項目を入力していきます。特に難しい項目などはありません。

2.1次審査の結果連絡

申込が終わると担当者からの結果連絡が来ます。電話の内容は「申込内容に間違いがないか?」や「どんなお仕事をされているんですか?」などさらに詳しい職業情報について質問されます。これらの情報は2次審査の審査材料として使用されます。

3.身分証明書の提出と勤務先への在籍確認

1次審査の電話が終わると、担当者は勤務先への在籍確認を行います。在籍確認では担当者が個人名で電話をかけますし、普段電話のかかってこない職場でも「みずほ銀行の口座開設に関する電話」と同僚たちにごまかしやすくなっていますので、他人にバレる心配はないでしょう。

担当者が在籍確認を行っている間、こちらは身分証明書(借入額によっては収入証明書も)の提出を行います。書類はスマホで撮影し、メールに添付送信するだけでOK。

親バレの心配はなし

学生の場合、親バレが心配かと思いますが、みずほ銀行が自宅や実家に連絡を入れることはありませんので、基本的には親バレの心配はありません。

ただ、契約書類やローンカードは後日自宅に郵送されてきますので、実家に住んでいる方は郵送時間に注意しておきましょう。郵送時間は2次審査結果連絡の際に担当者から「いつ頃郵送しますか?」と質問されますので、自分が受け取れる時間を指定しておきましょう。

4.2次審査結果の連絡(契約完了&借入)

身分証明書の提出と勤務先への在籍確認が終わると、再度担当者から連絡が来ます。審査に合格していればカードローン口座が開設され、みずほ銀行のキャッシュカードまたはローンカードを利用してATMからお金を借りられるようになります。

みずほ銀行の口座を持っていなければ、自宅にカードが届くまでに約2週間程度かかりますので、お金を借りられるのも約2週間後ぐらいだと考えておきましょう。

みずほ銀行カードローンのスペック

契約年齢 満20歳~満65歳
申込条件 ・契約時の年齢が満20歳以上満66歳未満の方 ・安定かつ継続した収入の見込める方 ・保証会社である株式会社オリエントコーポレーションの保証を受けられる方
使用用途 自由(事業資金を除く)
必要書類 運転免許証、パスポート、健康保険証など ※:口座開設が必要な場合は印鑑も必要
担保 不要
保証人 不要
保証料 不要
借入限度額 10万円~800万円
実質年率 年2.0%~14.0%(※1)
融資方法 口座振込、ATM(自社)、ATM(提携金融機関)、店舗窓口、コンビニATM(※2)
返済方法 口座自動引落、口座振込、ATM(自社)、ATM(提携金融機関)、店舗窓口、コンビニATM(※2)
返済日 毎月10日(銀行休業日の場合、翌営業日)
社名 株式会社みずほ銀行
※1:住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。
※2:全国のセブンイレブン、ローソンのATMで利用可能(一部対象外あり)
タイトルとURLをコピーしました