みずほ銀行カードローン
今日中にお金を借りたい!最短1時間で借りることも可能。 > カードローン > みずほ銀行カードローンで借りる!特徴や借り方、審査について分かりやすく解説

みずほ銀行カードローンで借りる!特徴や借り方、審査について分かりやすく解説

みずほ銀行カードローン おすすめ度:★★★★☆ 4
圧倒的な低金利が魅力!
  • 年2.0%~14.0%の安心低金利!
  • 最大限度額800万円!大きめの借入におすすめ
  • ATM時間外でも借入・返済の手数料は無料
  • みずほ銀行の住宅ローン利用者なら、店頭表示の基準金利より金利を年0.5%を引き下げ(※1)
実質年率 年2.0%~年14.0%
限度額 最高800万円
融資スピード
必要書類 運転免許等
収入証明証(契約額に応じて必要とされる場合)

※1:引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

みずほ銀行カードローンの特徴

みずほ銀行カードローンはメガバンクのみずほ銀行が提供するカードローン。『年2.0%~年14.0%の低金利』『みずほ銀行口座を持っていればWeb完結申込も可能』の2つが特徴です。

年2.0%~年14.0%の低金利

銀行カードローンの平均最高金利は年15%ですが、みずほ銀行カードローンは年14%と1%も低く設定されています。金利が少なければそれだけ利息も少なくなりますので、ムダな利息を抑えながら借りたいときにおすすめです。

みずほ銀行口座を持っていればWeb完結申込も可能

すでにみずほ銀行の口座を持っている場合は、Web完結申込を利用することができます。普通の申し込みとは違い、勤務先への在籍確認を無くすことも可能です。

用意するものは収入証明書のみ

  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書または課税証明書
  • 納税証明書

また、すでに口座開設は行われていますので、普通の申し込みよりもスムーズに借入することが可能です。

みずほ銀行の口座を持っていなければ審査時間が長いので即日融資には向ていない

みずほ銀行の口座を持っていなければ口座開設からスタートするので、審査時間はかなり長くなります。人によりますが、だいたい2週間ほど。「今日中にお金を借りたい」という場合には不向きとなります。

もし即日融資も可能な銀行カードローンを利用したいのならイオン銀行カードローンがおすすめ。銀行口座開設が必要ありませんので、その分だけ早くお金を借りることができます。

また、プロミスアコムなどの消費者金融カードローンでは即日融資も可能です。金利はみずほ銀行カードローンよりも高くなってしまいますが、融資スピードでは消費者金融カードローンに強みがあります。

みずほ銀行カードローンの審査について

年収などによる条件は特になし!

みずほ銀行カードローンの申し込み条件は「20歳以上の安定した収入のある方」(※)です。「年収○○万円以上が必要」というような条件は一切ありません。

また収入に自信のない方は、借入希望額は低めに設定しておくことが審査通過のポイントとなります。

30万円を借りようとするとそれなりに審査も厳しくなりますので、なるべく10万円や20万円など低めに設定にしておきましょう。

※:みずほ銀行指定の保証会社であるオリコの保証を受けることができる方

専業主婦は借入不可

以前までは配偶者に収入があれば専業主婦でもみずほ銀行カードローンからの借入が可能でした。しかし、2017年6月にサービス内容が変更し、現在は申込不可となっています。

もし専業主婦の方でカードローンを利用したいのであれば、別の銀行カードローンを利用しましょう。

みずほ銀行カードローンの借り方(申込の流れ)

1.ネットから申し込み

まずはみずほ銀行カードローンの申込ページから申し込みを行います。申込の際は「生年月日」「年収」「職業」「他社からの借入額」など様々な項目を入力していきます。特に難しい項目などはありません。

2.1次審査の結果連絡

申込が終わると担当者からの結果連絡が来ます。電話の内容は「申込内容に間違いがないか?」や「どんなお仕事をされているんですか?」などさらに詳しい職業情報について質問されます。これらの情報は2次審査の審査材料として使用されます。

3.身分証明書の提出と勤務先への在籍確認

1次審査の電話が終わると、担当者は勤務先への在籍確認を行います。在籍確認では担当者が個人名で電話をかけますし、普段電話のかかってこない職場でも「みずほ銀行の口座開設に関する電話」と同僚たちにごまかしやすくなっていますので、他人にバレる心配はないでしょう。

担当者が在籍確認を行っている間、こちらは身分証明書(借入額によっては収入証明書も)の提出を行います。

【必要書類として認められるもの】

  • 本人確認書類・・・運転免許証、パスポート、住民基本台帳カード、特別永住者証明書、在留カード、公的証明書類(氏名・住所・生年月日あり)、個人番号カード(表のみ)
  • 収入証明書・・・源泉徴収票、住民税決定通知書、給与明細書、確定申告書、所得証明書

書類はスマホで撮影し、メールに添付送信するだけでOK。

親バレの心配はなし

学生の場合、親バレが心配かと思いますが、みずほ銀行が自宅や実家に連絡を入れることはありませんので、基本的には親バレの心配はありません。

ただ、契約書類やローンカード(ATMからお金を引き出すためのカード)は後日自宅に郵送されてきますので、実家に住んでいる方は郵送時間に注意しておきましょう。郵送時間は2次審査結果連絡の際に担当者から「いつ頃郵送しますか?」と質問されますので、自分が受け取れる時間を指定しておきましょう。

4.2次審査結果の連絡(契約完了&借入)

身分証明書の提出と勤務先への在籍確認が終わると、再度担当者から連絡が来ます。審査に合格していればカードローン口座が開設され、みずほ銀行のキャッシュカードまたはローンカードを利用してATMからお金を借りられるようになります。

みずほ銀行の口座を持っていなければ、自宅にカードが届くまでに約2週間程度かかりますので、お金を借りられるのも約2週間後ぐらいだと考えておきましょう。


同ジャンル関連ページ