カードローン返済方法

カードローンの返済方法の種類をまとめてご紹介します。「まとまったお金が必要になったからカードローンで借入を行いたい」と考えている方もいると思います。借入を利用する際には金利ばかりが気になる方も多いと思いますが、それ以外にも気にする必要があるポイントがあります。それがカードローンの返済方法です。現在カードローンの返済方法は「口座振替」「銀行・コンビニATMへの返済」「ネットバンキングでの返済」の3つが主流です。それぞれ返済方法が違うだけでなく、手数料や返済日も違うこともあります。自分の都合のいい返済日や返済方法を基準に選ぶと、遅れなく返済することができるようになります。

口座振替

口座振替は、毎月カードローン側が指定する日(または自分で決めた日)までに銀行口座に返済額以上のお金を入れておき、指定日が来たら自動的に引き落とされる返済方法です。

【メリット】

  • わざわざ銀行やコンビニへ行く必要がない
  • 返済を忘れることがない
  • 手数料がかからない
【デメリット】

  • 他の返済(クレジットカードなど)と返済日が近いと「あっ!口座のお金が微妙に足りてなかった」ということもありえる
  • カードローン側が指定する金融機関の口座を持っておく必要がある

口座振替はカードローンの返済方法の中でも特に楽に返済できる方法です。
わざわざ銀行やコンビニのATMへ行って返済する必要がないので、働いていて忙しい人や近くに銀行やコンビニがない人、わざわざ返済しに行くのが面倒だという人におすすめです。

ただし、クレジットカードや他社からの借入がある場合は返済日が重なってしまい「今月はクレジットカードの返済が多くてカードローンの分が足りなくなってしまった・・・」ということもありえますので、その点は注意が必要です。
返済が遅れそうになったらカードローンへ電話して「返済が遅れそうです」ということを伝えれば、何らかの措置をとってくれることもあるので、必ず電話連絡しておきましょう。
また、口座振替を利用するにはカードローン側が指定する金融機関の口座を持っている必要があるので、利用する前にチェックしておきましょう。

各カードローンの口座振替と対象口座と返済日【まとめ】

銀行・コンビニATMへの返済

カードローンが提携する銀行やコンビニATMを使って指定された日までにカードローン口座へ入金する返済方法です。

【メリット】

  • 自分の好きなタイミングで返済できる
  • わざわざ返済しに行くので、返済を忘れることがない
【デメリット】

  • 忙しくて返済できないこともある
  • 手数料がかかることも

わざわざATMへ返済しに行くわけですから「ちゃんと返済している」という実感を持つことができます。
クレジットカードでも返済が自動引き落としだったり、使っても財布のお金は減らないので、「お金を使っている」という実感がわかずに使いすぎてしまうというのはよくある話ですよね。
カードローンでも返済している実感を持つことで、無意識のうちに借りすぎを防ぐことができます。

ただ、普段の生活が忙しいと返済のタイミングを逃して返済の遅れがでてしまうこともあるので、その点は注意が必要です。
また、最近ではATM手数料0円のカードローンも増えましたが、利用するカードローンによっては手数料がかかることもあるので注意しておきましょう。

インターネットバンキングを使った返済

インターネットバンキングを利用してカードローン側が指定する日までにカードローンの口座へ返済する方法です。

【メリット】

  • 自分の好きなタイミングで返済できる(24時間365日対応可能)
  • 手数料もかからない
【デメリット】

  • 対応しているカードローン・金融機関を使う必要がある

銀行やコンビニATMには営業時間がありますが、ネットバンキングなら24時間365日いつでも返済ができる(メンテナンス時間を除いて)ので利便性はかなり高めです。
パソコンやスマホから気軽に返済できるので、どんなに忙しくてもしっかりと返済することができます。
手数料もかからないので無駄な出費はありません。

最近では対応しているカードローンの数も増えてきましたが、対応している金融機関が限らていることもあるので、事前にチェックしておく必要があります。


同ジャンル関連ページ