レイクALSAで借りる!特徴や借り方、審査について分かりやすく解説
今日中にお金を借りたい!最短1時間で借りることも可能。 > カードローン > レイクALSA > レイクALSAで借りる!特徴や借り方、審査について分かりやすく解説

レイクALSAで借りる!特徴や借り方、審査について分かりやすく解説

レイクALSA おすすめ度:★★★★★ 5
2種類の選べる無利息サービスが人気!
レイクALSA
  • 全額30日間無利息or5万円まで180日間無利息サービスあり
  • 平日14時までに契約が終われば最短即日融資も可能
  • 安定した収入があればパート・アルバイトもOK
  • コンビニATMで借入・返済可能
  • ATM手数料は全て無料
実質年率 年4.5%~年18.0%
限度額 最高500万円
融資スピード 即日融資も可能(※1)
必要書類 身分証明書(運転免許等)
収入証明証(契約額に応じて必要とされる場合)

※1:ご希望に添えない場合もございます。

レイクALSAの特徴

レイクの後継カードローン

レイクALSAはその名前からも分かりますが、新生銀行が提供しているレイクの後継として2018年4月に誕生したカードローンです。この2つの大きな違いは、レイクは銀行カードローンですが、このレイクALSAは新生銀行グループの新生フィナンシャルが提供する消費者金融のカードローンだという点です。

レイクALSAの登場に伴い、従来の銀行カードローンのレイクは新規の受付を停止しています。つまり、現在ではレイクに申込みを行うことはできませんが、このレイクALSAがほぼそのままのスペックをそのまま引き継いでいます。

2018年より銀行カードローンの即日融資が全面的に禁止されています。これには銀行カードローンの過剰融資問題が絡んでおり、例外は一切ありません。ですが、レイクALSAはレイクとは違って消費者金融のカードローンなので、現在でも即日融資を受けることが可能となっています。

独自の無利息サービスが人気

レイクで有名だった2種類の無利息サービスは、そのままこのレイクALSAに引き継がれています。レイクALSAを初めて利用する人を対象に、限度額が200万円までの契約では30日間か180日間のうちの好きな方を、それを超える限度額では30日の方のみ契約時に選択できます。

30日間の方は契約日の翌日から30日目まで、借入れ金額に関わらず利息が発生しないというサービス内容です。そして、もう1つの180日間の方は5万円までの借入れに対して同じく契約日の翌日から180日目まで利息が掛からないという内容で、こちらはかつてのレイク、及びこのレイクALSAオリジナルのサービス内容です。

180日間の方を選択した場合には、無利息サービスの期間中は5万円を超過した分にだけ利息が発生します。例えば8万円を借りると、5万円を超えている分の3万円だけが利息の対象となります。5万円以内で利用している限り、180日目まで利息は一切発生しません。

ATMの利用手数料が一切掛かりません!

カードローンを利用し始めると気付くことも多いのが、このATMの利用手数料です。各社のカードローンとも、手数料が無料となっているATM以外を利用すると、1万円までの利用で108円、それを超える金額では216円の利用手数料が発生してしまいます。

この利用手数料は借入れ時だけでなく、返済時にも掛かってしまうので、無料に越したことはありません。レイクALSAでは、利用できる全てのATMで利用手数料が一切無料となっているのが特徴です。

特徴としては地味だとも思われる内容ですが、実際にカードローンの利用を始めると、これはかなりお得なサービスだということが分かります。レイクALSAなら都度のATMの利用手数料を気にすることなく、必要な分だけ細かく利用を繰り返しても全く損にはなりません。

レイクALSAの審査について

年収などによる条件は特になし!大学生やフリーターでも申し込みは可能

レイクALSAを利用するには、申込みを行う本人に安定した定期的な収入があることが求められます。また、申込み時に満20~70歳であることも審査を受けられる条件となっているので、大学生でも未成年の場合には申込むことができません。

収入面に関しては、毎月きちんと収入がある状態であれば、アルバイトやフリーターでも問題ありませんが、大学生で夏休みや年末年始などの長期的な休みにしかアルバイトをしていないというケースは審査の対象外となってしまいます。

また、レイクALSAの最低の限度額は10万円なので、最低でもその3倍の30万円以上の年収がないと申込みは行えません。これは消費者金融には年収の1/3までしか融資できないという総量規制が適用される為です。

50万円以下の借り入れなら必要書類は運転免許証だけでOK

50万円までの借入れ時には、原則的に本人確認書類だけが必要になります。

【本人確認書類として認められるもの】

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 各種の健康保険証
  • マイナンバー個人番号カード
  • 顔写真の付いた住基ネットカード

このいずれかを申込み方法別に指定されたように提出してください。そのものを機械に読み込ませる、コピーをとって提出する、または写真に撮ったファイルを送信するという形になります。

50万円以上の借り入れは収入証明書も必要

50万円を超える金額を希望して申込みを行う場合、上記の本人確認書類の他に収入証明書として、最新年度の源泉徴収票、同じく最新の所得(課税)証明書、もしくは職場で毎月発行される給与明細書のうち、直近の3ヶ月のうちの連続した2ヶ月分が必要になります。

一番利用が多い給与明細票を例にご紹介すると、最後にもらったのが10月分であれば、8月分と9月分、または9月分と10月分となります。

所得(課税)証明書は、管轄の市区町村の役所の窓口で発行してもらうことができます。これらの提出も本人確認書類と同様に、指定されたように行ってください。

レイクALSAで即日融資でのお金の借り方(手順)

ネットを利用する場合

レイクALSAはPCやスマホからネットを利用して申込みを行うことができます。この受付は24時間いつでも行っており、PCの場合はレイクALSAのサイトの申込み用の入力フォームから必要事項を入力して、必要書類を写真に撮ったファイルと共に送信してください。

この場合、審査結果の連絡は翌日以降になりますが、スマホから専用アプリを利用して申込みを行うと、最短即日中に審査結果の確認、及び融資を受けることが可能です。

審査を行っているのは8時10分~21時50分で、第3日曜日のみ19時までとなっています。PCからの申込み、またはスマホでこれ以外の時間帯に申込みをした時には翌日の上記の時間帯まで連絡を待ってください。

無事に合格していると、そのまま契約手続きを続けて振込で融資を希望するか、自動契約機からその続きを行うかを選択してください。前者では平日の午後2時45分までに契約が成立すれば、振込で即日融資を受けることができます。

後者を選択した場合には、その後に最寄りのレイクALSA(レイク)の自動契約機まで出向き、そこで契約の続きを行います。それが完了するとその場でローンカードが発行されます。このカードは振込での融資を希望した場合には後日自宅まで発送されます。

カードの発行を受けた後は、利用できる全てのATMで利用手数料を掛けずにいつでもキャッシングが行えます。

自動契約機から直接申込みを行う場合

レイクALSA(レイク)の自動契約機は全国に700台以上設置されているので、最寄りの自動契約機まで本人確認書類と希望金額によっては収入証明書も一緒に用意して出向いてください。審査が終わり、合格していればその場でキャッシングカードが発行されます。

尚、レイクALSAではなく、レイクと書かれた自動契約機でも問題ありません。(看板がまだレイクのままの所もありますが、自動契約機自体は同一です)

自動契約機の営業時間は基本的に8時~24時ですが、日曜と祝日は22時まで、第3日曜日のみ19時までなので注意してください。審査を行っているのは前述した21時50分まで(第3日曜日は19時まで)となっており、即日融資を受けたい場合には遅くとも21時まで(第3日曜日は18時まで)の申込みが必要です。

審査がその日のうちに終了しない時には、翌日電話やメールでの連絡なり、それ以降の手順はネットから申込みをした場合と同様になります。

電話で申込みをする場合

レイクALSAは電話での申込みも受け付けています。この受付は9時~21時(第3日曜日は19時まで)の時間帯で、折り返しの電話で審査結果が伝えられます。掛けた時間によって翌日の折り返しになることもあります。

合格していると、これ以降はネットから申込みをした場合と同様の手順で振込での融資、または自動契約機で契約の続きを行うことになり、必要書類は後からレイクALSAまで郵送するか、自動契約機に読み込ませて提出します。