今日中にお金を借りたい!最短1時間で借りることも可能。 > カードローン > 千葉銀行カードローン > ちばぎんカードローンで借りる!特徴や借り方、審査について分かりやすく解説

ちばぎんカードローンで借りる!特徴や借り方、審査について分かりやすく解説

ちばぎんカードローン おすすめ度:★★★☆☆ 3
ハイスペックな地方銀行カードローン!
ちばぎんカードローンの詳細
  • Web契約なら面倒な来店は不要!口座開設もスピーディー
  • スマホやPCから申込も可能!
  • 月々の返済は2,000円から
  • 関東周辺に住んでいる方なら利用可能
実質年率 年1.7%~年14.8%
限度額 最高800万円
融資スピード
必要書類 運転免許等
収入証明証(契約額に応じて必要とされる場合)

千葉銀行が提供するカードローン「ちばぎんカードローン」を利用できるのは千葉・東京・茨城・埼玉・神奈川(横浜市・川崎市のみ)に住んでいる方(または勤務されている方)に限定されていますが、低金利&スピーディーな融資が可能であり、千葉銀行の普通預金口座を持っていなくても申込が可能です。

月々の返済も2000円からと少なめですので、無理のない返済をすることができます。金利も年1.7%~年14.8%とカードローンの中では低い水準となっています。

※1:ご利用可能エリア 千葉・東京・茨城・埼玉・神奈川(横浜市・川崎市のみ)

ちばぎんカードローンの特徴

銀行カードローン特有の低金利

初めてカードローンを利用する場合は、最高金利に設定されれるのが一般的です。ちばぎんカードローンの最高金利は年14.8%。銀行カードローンの平均最高金利は15%、消費者金融カードローンは18.0%ですから、ちばぎんカードローンなら平均よりも少ない利息で借りられると言えます。ムダな出費を減らしたい時にありがたいですね。

千葉銀行の口座を持っていれば即日融資も可能

ちばぎんカードローンでは千葉銀行の普通預金口座を持っていれば最短即日融資も可能です。「今日中にお金を借りたい!」と思っていても銀行カードローンは審査が遅いところも多いですので、すぐに審査・融資してもらえるのは非常に助かります。

口座を持っていない場合は口座開設からスタートとなりますので、申し込みからお金を借りるまでに2週間ほどかかってしまいます。千葉銀行の口座を持っていないけど急いでお金を借りたい場合は、消費者金融カードローンを利用しましょう。

自動返済だから返済遅れになりにくい

ちばぎんカードローンでは自動返済に対応していますので、わざわざ自分で入金する必要はありません。

返済額は毎月2,000円から。手元のお金に余裕のある時はまとめて返済することも可能です。提携コンビニなど(セブン銀行、イーネット、ローソン)のATMやインターネットバンキング、テレフォンバンキングなど様々な方法で返済を受け付けています。

ちばぎんカードローンの審査について

年収などによる条件は特になし!学生やフリーターでも申し込みは可能

ちばぎんカードローンは年収制限を設けていませんので、自身に収入のある人であれば学生やフリーター、働き始めたばかりの方でも申し込みできます。20歳未満の人や無職、専業主婦の人はちばぎんカードローンを利用することができません

収入の少ない人が審査に合格しやすくなるポイントは借入限度額を低めに設定しておくこと。どれだけ多くても30万円を限度に10万円や5万円など、自分が本当に必要な最低限の限度額で申し込むことで、審査レベルを無駄に上げずに済みます。

50万円未満の借り入れなら必要書類は運転免許証だけでOK

借入限度額を50万円未満で申し込みをすれば、収入証明書は原則不要となります。運転免許証などの身分証明書だけで申し込むことができます。

【身分証明書として認められるもの】

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 個人番号カード(表面のみ)
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 健康保険証

上記の中から1点用意しておきましょう。提出方法については申込時に指定されます。

50万円以上の借り入れは収入証明書も必要

「50万円以上の借り入れを希望する場合」や「他社を含めた借入総額が100万円を超える場合」は、収入証明書(源泉徴収票または給与明細書など)が必要です。

【収入証明書として認められるもの】

  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書
  • 給与明細書
  • 確定申告書

提出方法は身分証明書と同じ。提出のタイミングは1次審査の後になりますので、こちらもあらかじめ用意しておくことでスムーズに審査を進めることができます。

ちばぎんカードローンの審査時間は2営業日以内が多い

ちばぎんカードローンの審査時間は早い時では「申込から2~3時間」で終わることもあります。

しかし、他のカードローンと違い自動審査ではなく全て担当者によるチェックが入りますので、審査に2~3営業日かかることの方が多いです。

また、千葉銀行は平日しか営業しておらず土日に申し込みをした場合は週明けの営業日(通常は月曜日)から審査が始まりますので、土日に急いでお金を借りたい場合は千葉銀行よりも土日も審査・借り入れも可能なプロミスSMBCモビットのような消費者金融カードローンの方がおすすめです。

千葉銀行の普通預金口座を持っていれば、審査時間が早くなりやすい

ちばぎんカードローンを利用する場合、指定口座を千葉銀行の普通預金口座にする必要があります。口座を持っていない場合は審査終了後に口座開設を行い、そのあと借入となります。

しかし、すでに千葉銀行の口座を持っていれば申し込みの際に身分証明書の提出などは一切必要なくなり、審査時間も短くなります。口座を持っていれば千葉銀行が個人情報をすでに所有しているわけですからね。

ですので、すでに千葉銀行の口座を持っていて「今日中にお金を借りたい!」という場合はちばぎんカードローンを選んでおけば間違いないでしょう。

審査が特別甘いことはない

気になる審査のレベルですが、ちばぎんカードローンが特別審査が甘いということはありません。『満20歳~65歳で安定した収入のある方、または安定した収入の配偶者がいる専業主婦』と、他の銀行カードローンと同じ審査基準です。地域が千葉・東京・埼玉・茨木・神奈川に絞られている点を考えれば、ある意味では審査が厳しいと言えます。

ただ『年収は○○万円以上』という審査基準はなく、「専業主婦でも借りられた」という人も多いですので、申し込んでみる価値は十分にあります。

ちばぎんカードローンの即日融資でのお金の借り方(手順)

【お金を借りるまでの手順】

  • ネットから申し込み
  • 担当者からの合否連絡(一次審査)
  • 在籍確認&必要書類の提出
  • 担当者からの合否連絡(二次審査)
  • 契約完了(平日14時以降ならそのまま振込みも可能)

1.ネットから申し込み

まずは、パソコンやスマホから申込を行います(申込ページはこちら)。

10秒クイック診断の詳細

最初は簡単な「10秒クイック診断」と呼ばれる事前審査から行います。年齢、年収、借入希望額、現在の借入年間総額の4項目を入力すると、ちばぎんカードローンから借入可能かどうかを知ることができます。

本審査は早くても申し込みから数時間しなければ結果を知ることができませんので、急いでお金を借りたい時には「10秒クイック診断」は非常にありがたいです。

10秒クイック診断の結果

借入が可能であれば上画像のような画面が表示されます。すぐ下に「ネットでカンタンお申込み」という赤いボタンが表示されますので、そちらから本審査への申込を行いましょう。

本審査では氏名や生年月日、年収、職業、居住年数、家族構成などを入力していきます。全ての入力が終われば最短で数時間後、通常であれば2営業日以内に電話で審査結果の連絡がきます。もし不合格の場合はハガキで結果が連絡されます。

もし2営業日待っても千葉銀行から結果連絡がない場合は、別のカードローンに申込をしましょう。

2.担当者から審査結果の電話連絡が来る

担当者からの電話では「申込内容に間違いがないか?」「自分の意志で申し込んでいるか(詐欺などにあっていないか)?」「詳しい仕事内容」「在籍確認のために会社に電話していいか?」などを質問されます。特に難しいことはありませんし担当者は親切ですので、こちらから分からないことを質問することも可能です。

3.在籍確認&必要書類の提出

担当者からの質問が終わった後は電話を一旦切り、担当者は会社へ在籍確認を、自分は必要書類(収入証明書)の提出を行います。

必要書類はスマホやガラケーで写真を撮り、メールで送信すれば提出完了となります。50万円未満の場合は原則必要書類の提出は必要ありませんので、担当者の在籍確認が終わるのを待っておきましょう。

【収入証明書として認められるもの】

  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書
  • 給与明細書
  • 確定申告書

4.最終審査結果連絡&借入

在籍確認が終わると担当者から電話がかかってきます。この電話では審査合格と今後の手順(千葉銀行の普通預金口座を持っていなければ口座開設も)について説明されます。この段階で平日14時を過ぎていなければ、そのまま口座にお金を振り込んでもらうことができます。


同ジャンル関連ページ