アイフルで借りる!特徴や借り方、審査について分かりやすく解説
今日中にお金を借りたい!最短1時間で借りることも可能。 > カードローン > アイフル > アイフルで借りる!特徴や借り方、審査について分かりやすく解説

アイフルで借りる!特徴や借り方、審査について分かりやすく解説

アイフル おすすめ度:★★★★★ 5
30日間無利息サービスあり
アイフル
  • CMでお馴染みのカードローン
  • 最短で今日中に借りられる
  • 最大30日間の無利息サービスもあり
  • 安定した収入があればパート・アルバイトもOK
  • コンビニATMで借入・返済可能
実質年率 3.0%~18.0%
限度額 最高800万円
融資スピード 最短即日
在籍確認 電話

大地真央のテレビCMでもおなじみの消費者金融カードローンがアイフル。最短30分で審査結果を教えてもらうことができますので、急いでお金を借りたいときに非常に助かります。平日14時30分までに申込から審査まで完了すれば、即日で借入することも可能です。

平日14時30分以降や休日にお金を借りる場合は、審査終了後に最寄りの自動契約機へ行けば、その場で契約して現金を借りることができます。店舗にもよりますが、22時ぐらいまで営業していますので急いでいるときは利用しましょう。

また、アイフルでは30日間無金利サービスが用意されており、借入から30日間無金利で利用することができます。カードローンの中には無金利サービスを用意していないところもありますので、この点はアイフルの魅力です。

「低金利で急いで借りたい」というときに役立つのがアイフルです。

アイフルの特徴

最短30分で審査完了!最短即日融資も可能だから今日中にお金を借りたい時にもピッタリ

アイフルは申込から最短30分で審査結果を教えてもらうことができます。合格していれば担当者からの電話が、落ちていればメールが届きます。カードローンは申し込んでみるまでお金を借りられるかが分かりませんので、特に急いでいる場合は審査時間が短いのは非常に助かります。

また、最短即日融資も可能となっています。平日14時30分までに申込から審査、契約まで全て終わらせた場合は、契約終了後に担当者から「今からお金を振り込めますがどうしますか?」と質問されますので、今日中にお金を借りたい場合は振り込んでもらいましょう。契約まである程度時間がかかりますので、できれば午前中には申し込みを済ませておきたいですね。

平日14時30分以降や土日祝日に即日融資してもらう場合は、審査完了後に最寄りの自動契約機に行き、その場で契約&ローンカードを発行することで今日中にお金を借りることができます。自動契約機は公式サイトで探せばすぐに見つけることができますし、よほどの田舎でなければどこにでもありますので見つけることに困ることはないでしょう。

参考:都道府県からアイフル店舗を探す

自動契約機の営業時間は8時~22時(店舗によります)ですので、遅くても21時ぐらいには行くようにしましょう。

郵送物なしのWeb完結も可能!家族バレの心配なし

アイフルではネット上だけで契約から借入まで全て終わらせることができるWeb完結という申込方法が用意されています。通常の申込であれば、契約終了後に書類やローンカードが郵送物として送られてきますが、家族にバレたくない時は郵送物が送られてくると困りますよね。

また、Web完結ではローンカードも発行されません。スマホがカードの代わりになり、専用アプリを使うことで最寄りのセブン銀行ATMでお金を引き出すことができます。セブン銀行ATMはセブンイレブンにありますので、24時間いつでも借りることができます。

Web完結はプロミスSMBCモビットなどでも用意されていますが、基本的には指定された銀行口座を持っていることが条件であるため、誰でも利用できるわけではありません。

しかし、アイフルなら口座を指定されていないため、原則誰でも利用することができます(審査によっては利用できないこともあります)

最大30日間の無利息サービスでムダな利息をカット!

アイフルの最大30日間の無利息サービスの詳細
アイフルには最大30日間の無利息サービスが用意されています。無利息サービスを用意していないカードローンも多いですので、「利息を減らしたい」「余裕がないから少しでムダな出費を減らしたい」という場合はアイフルがおすすめです。

アイフルの審査について

年収などによる条件は特になし!学生やフリーター、パートでも申し込みは可能

アイフルは年収制限を設けていませんので、自身に収入のある人であれば学生やフリーター、働き始めたばかりの方でも申し込みできます。20歳未満の人や無職、専業主婦の人はアイフルを利用することができません

収入の少ない人が審査に合格しやすくなるポイントは借入限度額を低めに設定しておくこと。どれだけ多くても30万円を限度に10万円や5万円など、自分が本当に必要な最低限の限度額で申し込むことで、審査レベルを無駄に上げずに済みます。

50万円未満の借り入れなら必要書類は運転免許証だけでOK

アイフルで本人確認書類として認められるもの

【必要書類として認められるもの】

  • 現住所が記載されている本人確認書類
    健康保険証、パスポート、年金手帳、母子健康手帳 等
  • 公共料金領収書(※1)
    電気、ガス、水道、固定電話、NHK
  • 官公庁発行書類で氏名、住居、生年月日の記載がある書類(発行日より6ヶ月以内のもの)
    住民票、納税証明書、印鑑登録証明書 等

※1:直近2回分までのもので、領収押印があるものが有効になります。

借入限度額を50万円未満で申し込みをすれば、運転免許証などの身分証明書だけで申し込むことができます(写しでOK)。いずれも有効期限内のものである必要があります。

顔つきの写真を持っていない場合は「健康保険証、年金手帳、母子健康手帳の中から2点」「健康保険証、年金手帳、母子健康手帳の中から1点と戸籍謄本(抄本)、住民票、住民票記載事項証明書などから1点」「戸籍謄本(抄本)、住民票、住民票記載事項証明書などから1点とアイフルから送られてくる簡易書留」を提出する必要があります。

50万円以上の借り入れは収入証明書も必要

アイフルで収入証明書として認められるもの

【収入証明書として認められるものの一例】

  • 源泉徴収票
  • 税額通知書
  • 所得証明書
  • 確定申告書
  • 給与明細書

50万円以上の借入を希望する場合は収入証明書も合わせて提出する必要があります(写しでOK)。

提出方法やタイミングは身分証明書と同じですので、こちらもあらかじめ用意しておくことでスムーズに審査を進めることができます。

アイフルで即日融資でのお金の借り方(手順)

【お金を借りるまでの手順】

  • ネットから申し込み
  • 担当者からの合否連絡(一次審査)
  • 在籍確認&必要書類の提出
  • 担当者からの合否連絡(二次審査)
  • 契約完了(平日14時以降ならそのまま振込みも可能)

1.ネットから申し込みを行う

まずは、PC・スマホ・携帯電話を使って公式サイトから申し込みを行います。画面を進んでいくと入力項目が出てきますので、一つ一つ入力していきましょう。

即日で口座に振り込んでもらうためには銀行が営業している平日15時までにアイフルが振り込みをしなくてはいけません。そのため、平日14:50までに申込・審査・振り込み手続きまで完了させておく必要があります。全てを完了させるには最短でも1~2時間はかかりますので、午前中には申し込みをしておくのがおすすめです。

また、職場・自宅への連絡なしで即日でお金を借りるためには「WEB完結申込」を利用する必要があります。WEB完結申込は申込の際に「カードレス」を選択し、口座振込登録を行えば利用できます。どちらも申し込みの最中に分かりやすく表示されていますので、間違えることはないかと思います。

身分証明書などの書類は審査に必要になるため、申込の前に用意しておくのがおすすめです。

2.担当者からの合否連絡(一次審査)

一次審査に合格していれば担当者から電話連絡(審査落ちの場合はメール)が来ます。電話では「申込内容に間違いがないか?」「誰かに騙されて借り入れを行っていないか?」などの質問をされます。

3.電話での在籍確認&必要書類をメールまたは専用アプリで送信

申込内容の不備などのチェックが終われば、電話での在籍確認と必要書類の提出が始まります(WEB完結の場合は必要書類の提出のみ)。

必要書類の提出方法はメールに添付して送信したり、専用アプリを使えばスマホで撮影するだけでOKです。管理人も専用アプリを使って書類提出したことがありますが、しっかりと撮影の方法が指示されるので、アプリの使い方に慣れていない人でも簡単に撮影できますよ。

こちらが必要書類を提出している間、担当者は会社への在籍確認を行います。

4.担当者からの合否連絡(二次審査)

必要書類の提出と電話での在籍確認が終わると、再度担当者から電話が来ます。合格であれば「審査が完了したこと」「契約書類の郵送について」「今から口座に振り込みを行うか(平日14時を過ぎてなければ)」の3つを説明されます。

WEB完結申込の場合は、振り込みを手続きを行えば最短3分で振り込んでもらうことができます。ここまでのやりとりもそうですが、基本的には全てメールで送られてくるので、振り込み手続きをした後はメールを常にチェックしておきましょう。

また、上記でも書いた通り、銀行が営業している時間にしか振り込みができないため、平日9:00~14:50に振り込み手続きが条件となりますので注意しておきましょう。