アイフルの特徴、審査、申込の流れを解説

アイフル アイフル

アイフルは消費者金融カードローンの一つです。申し込みから最短1時間での融資も可能であったり、初回30日間の無利息サービスがあったりなど、消費者金融カードローンとして基本的な特徴を備えています。

また、女性向けにSuLaLi(スラリ)と呼ばれるカードローンも用意されており、『限度額10万円』『女性オペレーターが対応』など女性が安心してお金を借りられる環境づくりにも力を入れています。

アイフルの特徴

アイフルの詳細 借入限度額 1万円~800万円
金利(実質年率) 3.0%~18.0%
審査時間 最短30分
融資スピード 最短1時間

初回30日間無利息サービスで利息を減らせる

アイフルでは初めて利用する人限定で30日間の無利息サービスが用意されています。仮に30日以内に借りたお金を全て返済できれば利息0円でお金を借りられることになりますので、普通にお金を借りるよりもお得度が高いです。

無利息サービスは契約した日から始まります。カードローンは『契約』と『実際にお金を借りるタイミング』をズラすことができ、例えば7月1日に契約が完了し、7月11日からお金を借りた場合、無利息サービスの対象になるのは『20日間分』となります。

ですので、アイフルでお金を借りる場合は契約したその日にお金を借りることをおすすめします

最短1時間で融資も可能

アイフルは一定の条件を満たすことで(詳しくは「アイフルで即日融資でのお金の借り方(手順)」を参考)申し込みから最短1時間でお金を借りることができます。

大手の消費者金融カードローンは最短1時間で借りられるところが多いため大きな特徴とは言えませんが、急いでお金を借りたい人にとってはありがたいかと思います。

郵送物なしのWeb完結も可能!家族バレの心配なし

アイフルではネット上だけで契約から借入まで全て終わらせることができるWeb完結という申込方法が用意されています。

通常の申込であれば契約終了後に書類やローンカードが郵送物として送られてきますが、Web完結ではそのような書類関係が送られてこないため、家族にお金を借りていることがバレる心配がなくなります。

また、Web完結ではローンカードも発行されません。スマホがカードの代わりになり、専用アプリを使うことで最寄りのセブン銀行ATMでお金を引き出すことができます。

セブン銀行ATMはセブンイレブンに設置されていますので、24時間いつでもお金を借りることができます。

Web完結はプロミスSMBCモビットなどでも用意されていますが、基本的には指定された銀行口座を持っていることが条件であるため、誰でも利用できるわけではありません。

しかし、アイフルなら口座を指定されていないため、原則誰でも利用することができます(審査によっては利用できないこともあります)

アイフルの審査について

年収などによる条件は特になし!学生やフリーター、パートでも申し込みは可能

アイフルは年収制限を設けていませんので、自身に収入のある人であれば学生やフリーター、働き始めたばかりの方でも申し込みできます。

一方、20歳未満の人や無職、主婦の人はアイフルを利用することができません。年収の制限はありますが、ある程度安定した収入は必要となりますので、まずはアルバイトやパートで6ヶ月間働いた実績を作りましょう。

また、収入の少ない人が少しでも審査に合格するためのポイントは借入限度額(借りたい金額)を低めに設定しておくことです。借入限度額が高いほど審査は厳しくなるため、多くても『30万円』までに設定しておきましょう。

10万円や5万円など少額にして申し込むことで、審査レベルを無駄に上げずに済みます。

利用限度額が50万円以下、かつ他社を含めた借入総額100万円以下の場合収入証明書不要。

アイフルで本人確認書類として認められるもの

【必要書類として認められるもの】

  • 現住所が記載されている本人確認書類
    健康保険証、パスポート、年金手帳、母子健康手帳 等
  • 公共料金領収書(※1)
    電気、ガス、水道、固定電話、NHK
  • 官公庁発行書類で氏名、住居、生年月日の記載がある書類(発行日より6ヶ月以内のもの)
    住民票、納税証明書、印鑑登録証明書 等

※1:直近2回分までのもので、領収押印があるものが有効になります。

アイフルでは利用限度額が50万円以下、かつ他社を含めた借入総額100万円以下の場合、収入証明書が不要です。そのため、初めてカードローンを利用する人は借入限度額を50万円未満で申し込みをすれば、運転免許証などの身分証明書だけで申し込むことができます(写しでOK。いずれも有効期限内のもの)。

顔写真付きの書類を持っていない場合は「健康保険証、年金手帳、母子健康手帳の中から2点」「健康保険証、年金手帳、母子健康手帳の中から1点と戸籍謄本(抄本)、住民票、住民票記載事項証明書などから1点」「戸籍謄本(抄本)、住民票、住民票記載事項証明書などから1点とアイフルから送られてくる簡易書留」を提出する必要があります。

50万円以上の借り入れは収入証明書も必要

アイフルで収入証明書として認められるもの

【収入証明書として認められるものの一例】

  • 源泉徴収票
  • 税額通知書
  • 所得証明書
  • 確定申告書
  • 給与明細書

50万円以上の借入を希望する場合は収入証明書も合わせて提出する必要があります(写しでOK)。

提出方法やタイミングは身分証明書と同じですので、こちらもあらかじめ用意しておくことでスムーズに審査を進めることができます。

アイフルで即日融資でのお金の借り方(手順)

アイフルで即日融資してもらう方法は『平日14時までに申し込みから契約まで終わらせる』『平日14時以降または土日休日に申し込みをする』の2パターンがあります。

平日14時までに申し込みから契約までを終わらせる場合

【お金を借りるまでの手順】

  • ネットから申し込み
  • 担当者からの合否連絡(一次審査)
  • 在籍確認&必要書類の提出
  • 担当者からの合否連絡(二次審査)
  • 契約完了

即日融資を受けるためには銀行が営業している時間内にお金を振り込んでもらう必要があります。そのため、遅くとも14時までには申し込みから契約まで全てを終わらせておくことが条件となります。

アイフルは申し込みから最短1時間で融資してもらえますが、場合によっては2時間や3時間、それ以上の時間がかかることもありますので、なるべく午前中に申し込んでおくのがおすすめです。

1.ネットから申し込みを行う

まずは、パソコンや、スマホを使って公式サイトから申し込みを行います。画面を進んでいくと入力項目が出てきますので、一つ一つ入力していきましょう。

聞かれる内容は年収や持ち家の有無、住宅ローンの有無など基本的なことばかりですので、特に難しいことはありません。

また、Web完結を利用する際はこのタイミングで選択します。

申し込み時の項目で『カードレス』を選択し、同時に口座振込登録を行えば利用できます。どちらも申し込みの最中に分かりやすく表示されていますので、間違えることはないかと思います。

2.担当者からの合否連絡(一次審査)

入力がすべて完了すると、最短で30分後に審査結果の連絡が来ます。合格していれば電話、不合格ならメールで連絡が届きますので、どちらも確認しておきましょう。

審査合格の際にかかってくる電話では、担当オペレーターから「申し込みに間違いはありませんか?」「第三者に命令されて申し込みをしていませんか?」といったことから「お仕事内容を具体的に教えてください」といったことまで聞かれます。

私自身何度かカードローンに申し込んだ経験がありますが、各カードローンごとに質問内容は違います。

しかし、どの質問もすぐに答えられるものばかりですので、事前に何かを準備しておく必要などはありません。

3.電話での在籍確認&必要書類をメールまたは専用アプリで送信

申し込み内容に不備がなければ一度電話を切り、オペレーターは職場への在籍確認を、自分は必要書類の提出を行います(Web完結の場合は必要書類の提出のみ)。

職場への在籍確認は担当者の名前でかかってくるため、同僚にお金を借りているのがバレないように配慮されています。

「普段職場に電話がかかってこないから怪しまれる」という場合は、申し込みのタイミングでWeb完結を選択しておきましょう。

必要書類の提出方法は以下の2パターンがあります。

  • 必要書類を写メでメールに添付し、指定メアドに送信する
  • 公式アプリで必要書類を撮影する

今までは必要書類を写メでメールに添付して送信する方法が多かったですが、最近ではアイフルのアプリをインストールして必要書類を撮影する方法が主流になりつつあります。撮影するだけで提出完了となるため、手間が最小限に抑えることができます。

4.担当者からの合否連絡(二次審査)

必要書類の提出と電話での在籍確認が終わると、再度オペレーターから電話が来ます。合格であれば「審査が完了したこと」「契約書類の郵送について」「今から口座に振り込みを行うか」の3つを説明されます。今日中にお金を借りたい場合は、このタイミングで振り込みをお願いしましょう。

平日14時以降や土日祝日に申し込む場合

【お金を借りるまでの手順】

  • ネットから申し込み
  • 担当者からの合否連絡(一次審査)
  • 在籍確認&必要書類の提出
  • 担当者からの合否連絡(二次審査)
  • 自動契約機へ移動
  • 契約完了&ローンカードを発行
  • 最寄りのATMから借入

平日14時以降や土日祝日に申し込む場合は上記の流れでお金を借ります。二次審査までは14時までに契約を完了させるパターンと同じ。

しかし、こちらでは二次審査後に自動契約機へ行き、契約を終わらせてローンカードを発行します

自動契約機というのは、その名の通りカードローンの契約ができるATMのような機械のことです。タッチパネルの指示に従って申込項目を入力したり、必要書類を備え付けの機械でスキャンすることで、カードローンの契約を完了できます。

上記の流れではすでに審査まで完了しているため、自動契約機では契約の最終段階だけを終わらせます。全て終わるのに30分もかかりません。

契約が終わるとその場でローンカード(お金を引き出すためのカード)を発行することができます。通常、自動契約機にはATMが併設されていますので、すぐにお金を借りることができます。

以上の流れで平日14時以降や土日祝日でも今日中にお金を借りることができます。

ただし、自動契約機は21時~22時(店舗によって異なる)までしか営業していませんので、深夜や早朝にお金を借りることはできません。遅くとも20時までには申し込んでおきましょう。

アイフルのスペック

契約年齢 満20歳~満69歳
申込条件 満20歳以上で安定した収入がある方(パート・アルバイトの方もOK)
使用用途 自由
必要書類 本人確認書類
(原則、運転免許証。交付を受けていない方はその他身分証明書等)
収入証明書類
(源泉徴収票、住民税決定通知書、確定申告書等)
※商品によっては必要書類が追加となる場合がございます。
担保 不要
保証人 不要
保証料 不要
借入限度額 1万円~800万円
実質年率 3.0%~18.0%
融資方法 口座振込、ATM(自社)、ATM(提携金融機関)、ネットキャッシング、コンビニATM(※1)
返済方法 口座自動引落、口座振込、ATM(自社)、ATM(提携金融機関)、コンビニATM(※1)
返済日 毎月一定日
社名 アイフル株式会社
本社所在地 京都市下京区烏丸通五条上る高砂町381-1
電話番号 0120-201-810 0120-201-656
URL https://www.aiful.co.jp/
設立 1978年
資本金 143,454,000千円
主要株主
事業内容 消費者金融業
登録番号 近畿財務局長(12)第00218号
加盟団体
個人信用情報機関
お問い合わせ先 フリーダイヤル
代表:0120-201-810
SuLaLi専用ダイヤル:0120-201-656
※1:全国のセブンイレブン、ローソンのATMで利用可能
タイトルとURLをコピーしました