アコムで借りる!特徴や借り方、審査について分かりやすく解説
今日中にお金を借りたい!最短1時間で借りることも可能。 > カードローン > アコム > アコムで借りる!特徴や借り方、審査について分かりやすく解説

アコムで借りる!特徴や借り方、審査について分かりやすく解説

アコム おすすめ度:★★★★★ 5
楽天口座を持っていれば、最短1分で融資!
  • 楽天口座なら24時間最短1分で借りられる
  • 最短で今日中に借りられる
  • 最大30日間の無利息サービスもあり
  • 安定した収入があればパート・アルバイトもOK
  • コンビニATMで借入・返済可能
実質年率 年3.0%~18.0%
限度額 最高800万円
融資スピード 最短1時間
必要書類 身分証明書(運転免許等)
収入証明証(契約額に応じて必要とされる場合)

アコムは三菱UFJファイナンシャルグループの賃金業者です。「審査・借入のスピードが速い」「30日間無利息サービス」が特徴ですので、今日中にお金を借りたい人との相性も抜群!

審査回答が最短30分と早いため、借りられる・借りられないにしても次の行動を早く取れるのも嬉しいポイントです。

また、楽天銀行口座への振り込みに指定すればほぼ24時間いつでも融資してもらうことができますので、楽天銀行口座を持っていて急いでお金を借りたい人はアコムが一番おすすめです。

アコムの特徴

楽天口座なら24時間最短1分で借りられる

楽天口座なら24時間最短1分で借りられるアコムではWeb申し込みが用意されているため、誰でもスマホやPCから申し込みができます。融資スピードは振り込んでもらう銀行口座や申し込みの時間帯によって変わってきます。

金融機関 曜日 受付時間 振込実施の目安
楽天銀行 月曜 〜 日曜・祝日 0:10 〜 23:50 受付完了から1分程度
ゆうちょ銀行 月曜 〜 金曜 0:10 〜 9:00 当日 正午頃
9:00 〜 14:00 当日 17:00まで
14:00 〜 23:50 翌営業日 正午頃
土・日・祝日 0:10 〜 23:50 翌営業日 正午頃
銀行・信用金庫 月曜 〜 金曜 0:10 〜 9:00 当日 9:30頃
9:00 〜 14:00 受付完了から1分程度
14:00 〜 23:50 翌営業日 9:30頃
土・日・祝日 0:10 〜 23:50 翌営業日 9:30頃

楽天銀行を口座振り込みに指定すれば、契約から最短1分で振り込んでもらうことができるため、今日中にお金を借りたいときにおすすめです。

楽天銀行以外に振り込んでもらう場合は平日14時が最終ラインとなります。他の消費者金融カードローンでも即日融資しもたうためには「平日14時」が目安となりますので、この点は他の消費者金融カードローンと同じだといえます。

楽天銀行の口座を持っていない人もアコムを利用して損はないです。

30日間金利ゼロの無利息サービスがある

アコムはプロミスアイフルと同じく30日間金利がゼロになる無利息サービスを用意しています。契約日から30日以内に全額返済してしまえば利息0円でお金を借りられることになりますので、非常にお得です。

もちろん完済までに30日以上かかってしまったとしても、契約から30日間分の利息は0円にしてもらえますので、ほかの消費者金融カードローンを利用するよりお得です。

【無利息サービス利用条件】

  • アコムをはじめて利用する
  • 返済期日「35日ごと」で契約

上記2つの条件を満たせば誰でも無利息サービスを利用することができます。

金利は安いわけではない

アコムの最高金利は18.0%であり、はじめて借りる場合は最高金利で設定される場合がほとんどです。他の消費者金融カードローンと比較してみると

消費者金融 最高金利
プロミス 17.8%
アイフル 17.8%
アコム 18.0%
SMBCモビット 18.0%

たった0.2%、数十円~数百円程度の利息の差しかありませんが、「少しでも少ない利息でお金を借りたい!」という場合はプロミスアイフルからお金を借りるのがおすすめです。

アコムの審査について

年収などによる条件は特になし!学生やフリーターでも申し込みは可能

アコムは年収制限を設けていませんので、自身に収入のある人であれば学生やフリーター、働き始めたばかりの方でも申し込みできます。20歳未満の人や無職、専業主婦の人はアコムを利用することができません

収入の少ない人が審査に合格しやすくなるポイントは借入限度額を低めに設定しておくこと。どれだけ多くても30万円を限度に10万円や5万円など、自分が本当に必要な最低限の限度額で申し込むことで、審査レベルを無駄に上げずに済みます。

50万円未満の借り入れなら必要書類は運転免許証だけでOK

借入限度額を50万円未満で申し込みをすれば、運転免許証などの身分証明書だけで申し込むことができます。

運転免許証がない場合は健康保険証+別途書類

アコムで運転免許証を持っていない場合の必要書類アコムでは顔写真の付いた身分証明書の提出が必要であり、健康保険証などの顔写真のない書類で審査を受ける場合は別途書類が必要となります。

現在お住まいの住所が記載された以下のいずれかの書類もあわせてご用意ください(ただし、確認時に発行日または領収日から6ヵ月以内のものに限ります)。

【別途書類として認められるもの】

  • 住民票
  • 公共料金の「領収書」(電気、ガス、水道、固定電話、NHKのいずれか1つ)(※携帯電話の領収書は不可)
  • 納税証明書

これらの書類は一次審査後に専用アプリ(またはメール)で提出しなければいけませんので、今日中にお金を借りたい人はあらかじめ用意しておくようにしましょう(審査の流れに関しては下記の「アコムでの即日融資でのお金の借り方」を参考にしてください)。

50万円以上の借り入れは収入証明書も必要

「50万円以上の借り入れを希望する場合」や「他社を含めた借入総額が100万円を超える場合」は、収入証明書(源泉徴収票または給与明細書など)が必要です。

【収入証明書として認められるもの】

  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書
  • 給与明細書
  • 確定申告書
  • 所得証明書

提出方法やタイミングは身分証明書と同じですので、こちらもあらかじめ用意しておくことでスムーズに審査を進めることができます。

アコムで即日融資でのお金の借り方(手順)

【お金を借りるまでの手順】

  • ネットから申し込み
  • 担当者からの合否連絡(一次審査)
  • 在籍確認&必要書類の提出
  • 担当者からの合否連絡(二次審査)
  • 契約完了(平日14時以降ならそのまま振込みも可能)

1.ネットから申し込み

パソコン・スマホ・携帯電話を使って公式サイトから申し込みます。「3秒でお金が借りられるかの事前診断」か「申し込み」のどちらかを選ぶことができ、とりあえず自分がお金を借りられる可能性があるかだけを今すぐ知りたい方は3秒事前診断がおすすめです。いきなり1次審査を受けて1時間後に来た結果で不合格だったら時間がもったいないですからね。

特に他社から借り入れがあったり、パートやアルバイト・派遣など正社員よりも収入が安定しない場合、審査に落ちる確率も高くなりますので、今日中にお金を借りたい場合は、すぐに結果が分かる事前診断から受けましょう。

事前診断では「借入可能額」を知ることができ、そのまま1次審査に進むことができますよ。

2.担当者からの合否連絡

1次審査に合格すると担当者から電話がかかってきて「申込内容に間違いがないか?」「職場に在籍確認の電話をしていいか?」などを確認されます。入力項目に間違いがなければ一度電話を切り、担当者は職場への在籍確認を、私たちは必要書類の提出を行います。

3.在籍確認&必要書類の提出

アコムでは職場への在籍確認は必ず電話で行われ、他の方法で在籍確認とすることはできません。ですので、土日で会社が休みの場合は自分で会社に出向き電話を取る必要があります。

本人確認の書類はスマホや携帯で撮影してメールに添付して送るだけでOKです。希望融資額が50万円以下の場合は収入証明書が不要で、運転免許証(または国民健康保険証など)のみを提出すれば大丈夫です。

4.平日14時までに契約完了で口座に融資

本人確認・在籍確認が終了したら再度担当者から電話がかかり契約完了&融資に関する話になります。この段階で平日14時前なら口座に融資してもらうことができますので、今日中にお金を借りたい場合は平日の午前中に申し込みをしておくのがおすすめです。

平日14時以降や土日祝日の場合は無人契約機へ行く

もし平日14時以降になってしまった場合は、最寄りの無人契約機「むじんくん」へ行き、ローンカードを発行する必要があります。ローンカードを発行すればコンビニのATMでお金を引き出すことが可能です。

ただし、無人契約機は毎日8:00~22:00(営業所によって時間帯が違うので公式サイトで要確認)の営業なので、20:00ぐらいまでには行っておくのがいいでしょう。

楽天銀行口座を持っていれば”ほぼ24時間”口座に振り込んでもらえる

楽天銀行の口座を持っていればほぼ24時間いつでも口座に振り込んでもらうことが可能です。実際には深夜にメンテナンス時間が数十分行われるので”いつでも”というわけにはいきませんが、唯一深夜帯でも借りられる方法なので、楽天銀行口座を持っている方はアコムが一番便利に使うことができます。